特殊清掃とは

世の中には、人があまりやりたがらない、特別な仕事というのを担っておられる方たちというのもいます。

その仕事の一つを特殊清掃と言います。

特殊清掃というのは、読んで字の如くの特殊な清掃のことであり、例えば今多くなっていると言われる孤独死であるとか、あるいは凄惨な現場に立ち会うこともある事故死、さらに非業な死を遂げたであろう自殺といった、ちょっと特別な現場の処理や清掃などを行う仕事を指しているのです。

人はなくなってからしばらく放置されていると、当然ですが腐乱してきます。

腐乱してくると、においも出てきます。

汚れも付いてきます。

そういった少し特別な現場の血液であるとか体液、さらには害虫とか汚物などといった、少し注意の必要な場所や物などをきれいにして、残さず清掃を行うことを主としている仕事なのです。

もちろん任務の中には、除菌とかにおいの消臭といったものも、作業として行うことになります。

特に特殊清掃における業務の中で、大変なのが、このにおいであるとも言われています。

それは汚れというのは目に見えるし、洗剤などを使ってきれいにすれば、それで完了ですが、においというのはなかなか取りづらいし、いつまでも残るからなのです。

こういった汚れはもちろん、においにいたるまできれいに清掃して、次に入る方が気持ちよくは入れるようにする仕事を特殊清掃と呼んでおり、通常の清掃業者などは請け負ってもらえない清掃を全般に引き受けてくれるのです。