特殊清掃はどこまでやってくれる?

近年増えていると言われる孤独死などに対応するべく、最近は特殊清掃という清掃が大変多くの方から利用されています。

ですがここで気になるのですが、特殊清掃というのは、一体どのくらいまで清掃してもらえるのでしょうか?

一般的な特殊清掃の清掃をしてもらえる事柄というのは、 遺体から出た体液の処理であるとか、部屋に染みついた汚れとか汚物の清掃とか、さらには害虫の駆除や、部屋に残るにおいを脱臭したり消臭したりなど、さらには遺品の整理であるとか故人の遺品の整理とか、不用品といったものの回収が主な業務となります。

こう見ていくと特殊清掃というのは、あくまで清掃であり、リフォームをしたみたいに原状回復であるとか、入居した時のようなきれいで新品のような室内にしてもらいたいという希望に対しては、そこまでしていませんということになるのです。

中には、そういった要望にも応えてくれる業者というのもあるかもしれません。

ですが多くの業者は、あくまで部屋の片づけと整理を引き受けます…ということなのです。

例えば部屋に血が染みついている現場があったとします。

そういった現場の場合には、特殊清掃後ももちろんしてもらえますが、さらにきれいにしたいというのならば、リフォームなどをする方がいいのです。

特殊清掃というのは、あくまで先ほど述べたように、現場の清掃と片付けなので、見えない場所まできれいにとか、柱の奥まできれいにといった要望には、なかなか応えられないのです。

≪関連サイト≫<a href="http://matome.naver.jp/odai/2138044034868510201">片付けられない病「ホーダー」海外のゴミ屋敷事情

この記事は特殊清掃の作業範囲に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。